お葬式が終わると出てくるお墓問題

お葬式が終わってからもご遺族はバタバタと忙しい毎日を送りますが、ご遺骨をそのままにしておくこともどうかと、お葬式からある程度の期間がたつと納骨についても考えるようになります。その時に問題となるのがお墓です。

お葬式は今暮らしている地域の式場で行うと思いますが、御長男で遠方の実家近くのお寺さんにお墓があるという場合、そこに納骨するとお墓参りに行くのも大変になります。若いうちは遠方でも通えるかもしれませんが、高齢になると行きたくても体力的な問題や病気なども出てきてお墓参りに行くことができなくなる可能性もあります。また実家のお墓を管理する人もだんだん少なくなるため、思い切ってお墓を改葬するという事も少なくありません。

改葬というのはお墓のお引っ越しのことで、実家にあるお墓から自宅近くの霊園やお寺さんの新しいお墓に移すことです。お墓の改葬はただ実家の方のお墓を墓じまいして、自宅近くのお墓にお参りに行けばいいという事はありません。実家のお墓を閉眼法要で魂抜きし、その後、移転するお墓に開眼法要で魂入れが必要です。

こうした儀式も必要となるので、お墓の問題はなるべく早く解決しておく方がいいと思います。お葬式が終わってからお墓の会葬を行うとなると精神的にも肉体的にも疲労してしまうでしょう。できればお墓の問題は若いうちに考えておくべきです。