お葬式後お骨を木の元に埋葬してもらう形

お葬式は通常通り一般葬で行ったり、また家族葬などで済ませて、埋葬を個性的な形で行う方もいます。例えば、お亡くなりになる前にお葬式が終わったら埋葬は樹木葬にしてほしいと願う方もいます。

樹木葬はお葬式が終わって四十九日等の区切りのいい時に、霊園の敷地内の区画にお墓を建立して埋葬するのではなく、墓石の代わりに樹木をシンボルにして遺骨を埋葬します。ただこの樹木葬というのもスタイルが色々あります。区画内に大きな木があり、その周囲に複数のご遺骨を埋葬するという形や、一定の区画にある故人の樹木に埋葬される形など様々です。

また霊園によっては区画に樹木ではなく芝生で美しく彩られているところもありますし、草花が常に美しい状態に管理されているところもあります。お葬式が終わってから、お墓のことについても考えると思いますが、先祖代々のお墓がないという事なら、こうした樹木葬という弔い方もあります。

霊園によってこうした樹木葬に対応しているところもありますし、対応していないところもありますので確認が必要です。またご遺族によってはしっかりお墓をもちたいと思う方もいますので、樹木葬にする場合、ご家族としっかり話すことも必要でしょう。