お葬式の後の供養、永代供養について

近しい人がお亡くなりになりお葬式が終わると、その後追善供養が行われます。故人の手続きもありますし遺品整理等も必要なので、遺族は忙しく過ごしますが、その中で、その先の供養のことについても考える必要があるのです。

故人にお子さんがいない場合、お墓をどうするかという事が問題となります。ご夫婦二人しかいない核家族で、実家のお墓に入る方もいますが、実家のお墓が遠いとなると、供養される方も大変です。しかしお墓を建立してもお子さんがいないとなると管理の問題も出てきます。伴侶が動けるうちは管理していくでしょうが、高齢になってご自分もお墓に入った時、その後、管理していく方を見つける必要がでてくるのです。親戚などが見てくれるとしても、その先、少子化によって管理が難しくなることもあると思います。そのため、お葬式が終わってからお墓の管理のことを考えて永代供養をしてもらう遺族も多くなっています。お葬式が終わってからじっくり考えればいい事なので、親戚などとしっかり話し合い決めていくべきです。

永代供養というのはお墓を建立しても、また今入るお墓があっても継承してくれる方がいないなどから、寺院などでご遺骨を預かり供養、管理を行ってくれるものです。ただ永久という事はなく、寺院などによって一定期間弔う期間が決められています。一定期間が過ぎると弔い上げとなり、ほかの方々のお骨と一緒に合祀されることになるのです。

この先、お葬式の後に自分の亡骸をどうするのか、という問題が現実になってくる人もいると思います。しかし多くの方がこの問題に直面し、永代供養など自分なりの決定を下しています。ご遺族もお葬式からゆっくり時間をかけて、供養のことについて考えていきましょう。