壮大なお葬式、宇宙葬という儀式

病気でずっと入院されていて、自由になりたいと強く願っていた人や、宇宙に憧れをもっていていつか宇宙に行きたいと思っていた人が理想とするお葬式が宇宙葬です。通常のお葬式を行い、ご遺骨を宇宙に運ぶこともありますし、密葬として家族のみでお葬式を済ませて、宇宙に飛び立つときにお別れの会などを設け、お友達や知人などとのお別れとすることもあります。

宇宙葬というお葬式の形は、遺骨の一部を人工衛星に乗せて宇宙の広大な空間に埋葬するというものになります。宇宙葬も今はたくさんのプランがあります。いつか宇宙に行ってみたいと思っていた人にとって、遺骨という形ではあっても宇宙に飛ぶことができるのは最高の最後になるのではないかと思います。

遺骨の一部を宇宙葬で埋葬するという形になるので、そのほかの部分はお墓、またそのほかの埋葬となりますが、ご家族にとって故人がいつも空から見守ってくれているという感覚もあり選ぶ方も少しずつですが増えています。生きて宇宙に行けるのは、ほんの一握りですが、宇宙葬という形で宇宙に飛ぶことができるのも素晴らしい事だと思います。お葬式が終わってからこうした個性的な埋葬も考えてみるといいでしょう。